幼児教育の個性的事例を探るサイト

>

情報の入手先や幼児教育の注意点

モンテッソーリ教育の情報を知るには

「モンテッソーリ教育」という言葉は、初めて聞いた方が多かったのではないでしょうか?
しかし「問題を自分で解決しようとする意志」を育むということは、この先子供がどんな分野に興味を持ったとしても、根本的に必要とされる力であるため、この教育方法に興味を持たれた方もまた多いのではないでしょうか。
この「モンテッソーリ教育」について知りたい場合は、まずは「日本モンテッソーリ教育総合研究所」のサイトを訪ねるとよいでしょう。
ここは、モンテッソーリ教育の日本における基本的な窓口であると言えます。
この教育を採り入れている幼稚園や保育園などを紹介していますし、この研究所自体も「子どもの家」という教室を備えています。
子どもに受けさせてみようと考えている方は、まずは相談してみるのも良いかもしれません。

「成功」を絶対条件にしないことが秘訣

幼児教育における見落とされがちな、しかしとても大事な注意点があります。
それは「成功すること」「良い結果を出すこと」を無理に子供に求めないことです。
学校の勉強は「テスト」や「通信簿」、そして「受験」などで結果を求められることが多いですが、幼児教育の根本は「先取りをして子供の負担を減らすこと」「子供の可能性を伸ばすこと」であり、結果を無理に求めるものではありません。
例えばスポーツを教えるにしても、勝つことを最優先にすると、教える方の大人に余裕が無くなります。
そんな環境で教えられるスポーツに、子供が興味を抱くことは難しいです。
極まれに、スポーツ選手の子供が、幼少時から特別な環境を用意され、英才教育を受ける例が紹介されますが、その親たちも、プレッシャーや不安の中で育てています。
もしも明確な目標がないなら「まずは楽しんでもらう、挑戦心を育ててもらう」ことを大事にして、子供を通わせるのがよいでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑