幼児教育の個性的事例を探るサイト

>

個性的な幼児教育の事例などを紹介

モンテッソーリ教育という方針

「モンテッソーリ教育」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは、20世紀の初めごろ(1907年)に、マリア・モンテッソーリという教育者が開発した教育方法のことです。
モンテッソーリはイタリア初の女性医師であり、医学博士にまでなりました。
専門は、知的障害を抱える子供たちの治療でした。
当時はまだ差別の根強い時代、彼女は、障害児への感覚的な教育法を試していくつもの成功例を挙げ、それをタイトルの教育方法としてまとめました。
その基本方針は「子供は生来、自分自身を成長・発達させる力を有しているから、大人はそれを伸ばす為の教育をするべきだ」というものです。
大人の日常動作を子供が同じようにするにはどうすればいいのか、それを子供が自発的に見つけ出すまでの道のりを手助けするような教え方や教材を提供しています。

ある教室の具体例

「ICE(アイ・シー・イー)幼児教室」という教室があります。
小学校受験、幼稚園受験などを手掛ける、まさに「お受験」「英才教育」のための教室ですが、ここにはもう一つ「モンテッソーリコース」というコースが用意されています。
このコースは他のコースと違い、何と「0歳」、つまり赤ちゃんからその対象となっています。
基本的には、親子同伴でこのコースを受講するのですが、具体的には、モンテッソーリ教育の方針に則った木箱やパズルなどを触って遊ぶことが最初に行われます。
もちろん只の遊びでは無く、この木箱やパズルには、子供の知的好奇心や問題解決欲求を高める工夫が施されています。
このように、「単なる暗記」や「決められたことを言われたとおりにする」という狭い範囲にとどまらない「自分で自発的に問題を解決する力」という根本的な部分を教育する方法なのです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑