幼児教育の個性的事例を探るサイト

>

ユニークな幼児教育に関して知るサイト

幼児教育の基本的な概要

「幼児教育」とは、読んで字の如く、子供が幼少期の段階で施される教育のことです。
しかし「幼稚園」や「保育園」といった公的な教育機関や保育施設と異なるのは、「特定の科目やスポーツ、分野の教育を、幼少期から施す」という部分です。
具体的な例を一つ紹介しましょう。
「公文式」という学習塾があります。
国語・算数や数学・英語の3科目のプリントを教室で解き、反復学習をしていくというものですが、特徴的な点として「学年を越えて先に進む」という点です。
この公文式では、小学生の時点で高校レベルの計算式や英語、国語の問題を解く子供が沢山います。
また、英語教室はそれ自体が「先取り」です。
現状、まだ小学校での英語教育は義務化されていませんから、幼少時から英語に触れておくことは、大きなアドバンテージとなります。

幼児教育のメリットや代表例

幼児教育を施す事には、いくつかのメリットが存在します。
まず、幼少時から英語や算数などの教育を先取りすると、「勉強」「授業」という先入観が無い状態で触れることができるので、苦手意識を持ちづらくなります。
そして、早いうちに苦手な部分を見つける事で、克服を早めることができますし、根本的に向いていない場合は、逆に得意分野を見つけてそれに特化する教え方もできます。
このように、幼児教育にはさまざまなメリットがあります。
日本における幼児教育の人気ジャンルは、まず英語教室が挙げられます。
他には、スポーツで言えば水泳や体操、ダンス、バレエ、そしてサッカーなども代表例として人気順のトップを占めています。
皆さんの中にも、これらのどれかに通っていた方もいるのではないでしょうか?


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑